【知らないとやばい】インベスターズトラスト(ITA)の違法性と詐欺の手法を徹底調査してみた!

「インベスターズトラストは違法ではないのか?」
「海外投資と聞くと詐欺に感じる」

この記事を読んでいる方はこんな悩みを持っていると思います。

確かにインベスターズトラストをはじめとしたオフショア投資は日本での知名度は低く、初めて聞くと怪しいと感じても無理はありません。

しかし、オフショア投資に違法性はなく、正しい情報を持っていけば将来、資産価値として何千万円もの差が出てきます。
今回はインベスターズトラストが詐欺と勘違いされる理由とインベスターズトラストを始めると損をする人について解説していきます。

インベスターズトラスト(ITA)とは

インベスターズトラストは、2002年に設立されたケイマン諸島に拠点をおく、世界的な金融機関になります。まずは会社概要から解説していきます。

Investors Trust 公式サイトへ

名称Investors Trust Assurance SPC
設立2002年
住所Suite 4210, 2nd Floor, Canella Court, Camana Bay • PO Box 32203Grand Cayman,
KY1-1208 • Cayman Islands
拠点ケイマン諸島(拠点)アメリカ(マイアミ)・ウルグアイ・香港・マレーシア
プエルトリコ・ドバイ
ライセンスケイマン諸島金融管理局より許可
格付けAMBest社評価  A-
その他国際生命保険協会 AILOに加入
SPCとは?

名称のInvestors Trust Assurance SPCのSPCについて解説していきます。

SPCとはSegregated Portfolio Company(分離資産管理会社)のことであり、法人の資産と顧客の資産を完全に分離して管理するという意味です。つまり顧客の資産は経営状況の影響を受けないという事です。

トウシちゃん
トウシちゃん

もし仮に会社が倒産しても、自分の資産は守られるということですね!

A.M.Best社とは?

A.M.Best社は1899年にアメリカに設立された保険専門の格付け会社で、100年以上信頼ある会社として地位を維持できています。

世界中の保険会社に格付けを行なっており、日本の会社にも評価をしています。

では、A.M.Bestの評価でA-をもらっているインベスターズトラスとはどのくらいの評価なのかも一緒に解説しておきます。

ちなみに日本の金融については明治安田生命が同じA-という評価を得ています。

主な商品①S&P500インデックス

S&P500インデックスは、元本確保を特徴とした商品になります。

一番日本人の性格に合っていて始める方が多いのがS&P500インデックスという商品になります。
詳しくはこちらの記事を参照してください。

主な商品②Evolution

エボリューションは、株式に限らず、金や債権など様々な世界中の商品に分散投資をすることができる商品になります。

また、アクディブ投資と言われる高めの運用利回りを目指すことのできる運用手法を取り入れている商品です。
詳しくはこちらの記事を参照してください。

トウシちゃん
トウシちゃん

商品に関しては、関連記事を確認してください!

インベスターズトラストの違法性

インベスターズトラストに違法性はあるのでしょうか?

結論からいうとインベスターズトラストに違法性はありません。海外の金融のライセンスを取得しており、信頼できる会社であり、日本の保険会社と比較しても遜色(そんしょく)ない会社になります。

法律面からみても、個人が海外に向けて投資をすることに問題はありません。これは金融庁でも許可されています。
しかし、インベスターズトラストは金融庁の許可を得ていません。

しかしこの許可はあくまで、会社が営業やCMを売ってはいけない。というためのものであり、個人が海外へ投資を行なってはいけないというわけではありません。

個人が会社に直接申し込むことに関しては、金融庁も認めています。

以下に、外国証券業者へ登録をする際の条文を引用します。

外国証券業者が、証券取引行為についての勧誘(これに類するものとして総理府令・大蔵省令で定める行為を含む。)をすることなく、国内にある者の注文を受けて外国からその者を相手方として証券取引法第二条第八項第一号から第三号までに掲げる行為のうち総理府令・大蔵省令で定めるものを行う場合(前号に該当する場合を除く。)

金融庁 外国証券業者に関する法律 第2条
トウシちゃん
トウシちゃん

金融庁が認めているのは安心ですね!

結論:個人で申し込む分には合法

結論として、インベスターズトラストで投資を始めることに違法性はなく、法律面でも問題ありません。
インベスターズトラストの所在地である、ケイマン諸島はイギリス領の一部になります。

イギリスは、世界の金融を牽引してきた国で、金融業に対する規制も厳しくなっています。そのイギリスの一部のケイマン諸島で、日本の金融庁の位置付けの「ケイマン諸島金融管理局」がインベスターズトラストを金融機関として認可しています。

さらに世界四大会計事務所の一つであるオランダのKPMGが監査会社として付いており、加えて保険会社専門の格付け会社であるアメリカのA.M.Best社からA-の格付けを受けています。
インベスターズトラストが違法な会社であれば、上記のような格付けや監査法人がつくことはないでしょう

そのため、インベスターズトラストを始める方は安心して運用を開始することができます。

トウシちゃん
トウシちゃん

信頼性のある監査会社もついているのが安心ですね!

インベスターズトラストが詐欺と勘違いされる主な原因

インベスターズトラストが詐欺と勘違いされる原因を解説していきます。

インベスターズトラストが詐欺と勘違いされる主な原因
  1. 紹介者に知識がなく強引な勧誘をしている
  2. ネットワークビジネスの商材に利用している
  3. アフターフォローをしていない業者が多い

①紹介者に知識がなく強引な勧誘をしている

詐欺と勘違いされる原因の一つ目は、紹介者が知識のないまま、強引に勧誘をしているケースです。

「2年間だけ支払いをすれば、その後は支払わなくても資産が増える」
「メリットばかりを話してくる」
「税金は払わなくていい」

など、誤った情報を伝えられ契約をしてしまい、後々聞いていた話と違うと言った事例が多くあります。

紹介者であるイントロデューサーは契約に応じてインベスターズトラストから紹介料がもらえるため、強引な契約をする悪質な紹介者も一定数いるのも事実です。

インベスターズトラストからもらえる紹介料は、毎月の積立金額が多く、積立期間が長いほど多く支払われます。


ビジネス上このような紹介料を受け取ることは問題ないのですが、自分の利益最優先に考えてしまう紹介者は一定数存在しています。


契約者のニーズを無視して、契約を取ろうとする紹介者からインベスターズトラストに投資を行うことは避けましょう。

②ネットワークビジネスの商材に利用している

オフショア投資はネットワークビジネスの商材として扱われている場合があります。

ネットワークビジネスとして広めている場合、紹介者に十分な知識がない場合が多く、長期間のサポートが望めない場合がほとんどです。


オフショア投資の場合イントロデューサーという登録を行う際に一定の資格を保有していなければいけませんが、ネットワークビジネスでは資格がなくても紹介ができてしまうため、サポートが疎かになったり、連絡が取れなくなるリスクが高くなります。

また、会社自体に問題がなくても、ポンジスキームのように勝手にシステムを変更されている可能性もあるので、注意が必要です。


オフショア投資を始めるのであれば、サポート体制が整っており、知識も十分にある紹介者から入ることをおすすめします。

③アフターフォローをしていない業者が多い

オフショア投資はあくまで10年、20年と長期的な投資を前提としている商品です。

しかし、紹介者の中には契約後フォローを全く行わない人や、連絡が取れなくなってしまう人がいます。紹介者と連絡が取れなくなってしまった場合には、IFAに直接連絡を取らなければなりません。

そうなると契約者の負担が多くなってしまいます。


アフターフォローをしないような、悪質な紹介者が多くいることも事実なので、実際に契約を行う際には、自分の紹介者と途中で連絡が取れなくなってしまった場合の体制についても確認しておくことをお勧めします。
事前にフォロー体制は整っているのかなど、確認をしておきましょう。

まとめ

結論として、インベスターズトラストが詐欺と勘違いされる要因のほとんどは紹介者によるものになります。


つまり、紹介者の選び方がオフショア投資を始める際に重要になります。


オフショアに対しての知識はもちろんですが、フォロー体制が整っているのかも確認するようにしましょう。

特に、

・紹介者の知識は充分か
・リスクに関して、明確に返答できるか
・申し込み後のフォローまで行ってくれるか

を確認しましょう。

トウシちゃん
トウシちゃん

詐欺と勘違いされる原因は紹介者にあるんですね!

インベスターズトラストで損をする人の特徴

次に、インベスターズトラストを契約することで損をする人の特徴を解説していきます。

インベスターズトラストで損をする人の特徴
  1. お金を途中で引き出したい人
  2. 投資に関してのリスクとリターンを把握していない人

①お金を途中で引き出したい人

途中でお金を引き出したりしたい人に関してはインベスターズトラストの契約を避けましょう。

基本的にインベスターズトラストの商品に限らず、積立投資は長期間の継続を前提としている為、中途半端に入ってしまうと結果的には損をします。

また、実際に始める際にも20年という長い期間の積立投資になるので、急に資金が必要になった際に積立を止めなければいけないといったリスクもあります。


そのため、始める際は余裕のある金額から始めましょう。

②投資に関してのリスクとリターンを把握していない人

投資をするリスクとリターンに関して理解をしていない人も同様に契約を避けることをお勧めします。

投資をするリスク
  • 信用リスク
    投資した会社が将来も存続している場合もあれば、破たんする場合もある。
  • 価格変動リスク
    外国の通貨で取引される外貨建ての金融商品は外国為替レート〔日本の通貨(円)とほかの国の通貨との交換割合〕の変動により、換金・満期の際、円での手取り額が購入(預入)したときの金額を上回る場合も下回る場合がある。
    購入した時より円高の場合は円での手取り額が減る。円安の場合は逆になる。
  • カントリーリスク
    海外で運用する場合に、国ごとの治安などの国の情勢に左右されるリスク。
    格付会社の評価を参考にする。
投資をするリターン
  • 投資リスクを取った上での収益の事。

このようなリスクの理解をしておく事で、大きな収益を生み出すことができます。
このようなリスクを適切に避けながら投資をしていくことが重要です。

トウシちゃん
トウシちゃん

リターンだけでなく、リスクも理解しておく必要がありますね!

インベスターズトラストの総評・まとめ

インベスターズトラストが詐欺と勘違いされる原因、インベスターズトラストの契約を避ける人について解説をしました。


まとめると、

インベスターズトラストが詐欺と勘違いされる主な原因
  1. 紹介者に知識がなく強引な勧誘をしている
  2. ネットワークビジネスの商材に利用している
  3. アフターフォローをしていない業者が多い

であり、

インベスターズトラストで損をする人の特徴
  1. お金を途中で引き出したい人
  2. 投資に関してのリスクとリターンを把握していない人

になります。


インベスターズトラストは世界的にみても安全性の高い会社であり、資産運用を行う際には適した会社であると言えます。


今現在、検討をしている方はこの記事で確認をしていただき、疑問点を解決した上で始めていただければ幸いです。

トウシちゃん
トウシちゃん

当サイト運営側にもお気軽にご相談ください!